借金があると、借金の事が頭の中をいっぱいになってしまいます。月々の支払が高くてどうにもならないと悩みがちな人に月々の支払が安いおまとめローンに人気が集まっています。
おまとめローンとは簡単に言うと、複数から借入れしている場合だと返済金額が高くなってしまうので、複数からの借入している額の一回の返済を安い額にして、一つにまとめる事で月に一回の返済できる、という方法です。
おまとめローンで全部の悩みが無くなるわけではないですが、おまとめローンを上手に使う事ができれば、いつもの返済が楽になる事は確かな事なので、注目を得ています。
その他にもメリットがあって、まとめる事によって金利が下がって安いうケースもあります。利息制限法という法律があって100万円以上を貸出す場合には、上限金利を15%までにして、それ以外は無効とすると決められています。なので合計金額が100万円以上を借りている場合は、総合的に判断すると返済額が減ります。
おまとめローンで金利を一本に絞る事ができれば、今ある悩み事がある程度、解消する事ができますし、スケジューリングするのも大変容易になるので今後の生活が少し豊かになる可能性があります。

闇金業者による詐欺被害が後を絶たないのは、やはり、利用者の心の中にスキがあることを暗に指し示しているのです。
闇金業者とは、法外な金利で貸付を行うことで知られており、今でもまだ横行しています。
闇金による詐欺被害がなくならない理由にあげられるのが、上限金利の引き下げや総量規制により、消費者金融業者やクレジット会社などが貸付に慎重になっている点です。
多重債務に陥った利用者にとっては、まともな消費者金融業者やクレジット会社などからのお金借りる融資をあきらめ、結果的に法外な金利をとる闇金業者を利用してしまうという皮肉な結果になっています。
そもそも、上限金利を超えていること自体に問題がありますので、明らかに違法性があります。
しかしながら、需要と供給の関係もあり、今でもなお詐欺被害にあう人がなくなることはありません。
求められるのは、利用者自身のモラルといえるのかもしれません。
最近になってのネットワークサービスの台頭により、利用者の選択の幅は格段に増えています。
利便性や効率性が優先される中、消費者の賢い行動が求められます。
闇金業者にとってみれば、絶好の機会と考えているのです。一人一人のしっかりとした判断が必要です。